2017年3月14日(火)
募金



募金額 97655円

東日本みやぎこども育英募金へ
振り込みました
ご報告申し上げます
ありがとうございました

募金にご協力頂きました沢山の皆様
ありがとうございました


2017年3月12日(日)
朝一番のお客様


80歳の白髪の女性

とても80歳には見えません
シャキッとしておしゃれで今からオカリナの
演奏に行く途中で立ち寄られたとの事
始めて偕楽園センターにいらしたとの事でした

どうしてそんなにお若いのでしょうかと
秘訣を伺ったところ

戦争中防空頭巾をかぶりバックを背負い
親と一緒に素早く行動しなければ命が危ない
そんな体験を何度もしたそうです
だから素早く行動することは身をもって覚えているのだそうです

なぎなたもやっていらっしゃるとか
そこでも戦争体験で学んだことが行動に移り
素早く胴着を付けられるのだそうです

背筋がぴんと伸びお元気に
そして
たおやかな日本の女性にお目にかかれて
なんと光栄な限りです

今日で人形展も終わりました
1550人もの方々にお越し頂きました


募金額は97655円になりました


募金先 東日本大震災みやぎこども育英募金



2017年3月11日(土)
時代を生きた着物



駐車場が込んでいるだろうということで
千波湖から歩いてこられたお客様

会場の着物が気になりどうしても展示会に
行きたかったと息を弾ませて会場に入って来られた


その方は会場の着物を眺めながら
90歳の母が作ってくれた着物を
私が着てその後娘が成人式で着て
その後孫の成人式でも着せる予定です



その孫さんがあと11年で成人式を迎えるという
それまで主人も私も元気でいなければと
笑顔でおっしゃっておられました

でも帯だけは誂えてあげないとね!と!

幸せを運ぶお着物ですね


2017年3月10日(金)
イタリアの彼女



イタリヤからご主人の仕事の関係で
日本へ来たという女性

人形が大好き!ということで
帰国までの約10か月間で
市松人形を作りたいとの事


自分の作った人形をイタリアに
持って帰りたいと3月から教室へ

入る事になりました

片言の日本語で話す彼女
生徒さんたちも大喜び


楽しい教室になりそうな予感

今から楽しみに!楽しみ!


2017年3月9日(木)
かりんさんの生け花

春を感じさせる生け花






梅も見頃

2017年3月8日(水)
妙に納得


戦争と平和

若者の話妙に納得

雨情の詩はすべて悲しい切ない歌ばかりと
と僕の中では解釈しています

私もそう思うところもあるけれど
夢もあり希望もあり
元気もでるような解釈もあると
反論


作品も暗いイメージではなく明るいイメージで
作っていきたいと
話した

若者曰く
明るい元気な歌は
とかくみんな揃って怖いものなしと

戦争への道につながる恐れもありうると
鋭い指摘

暗いイメージが世の中にはやると
だれも戦争に行きたがらないだろうと

なるほど!
こんな考え方もあるんだと
妙に心に残った今日の若者


2017年3月7日(火)
初日

雪と小雨混じりの寒い初日
最初のお客様は
ボーイスカウト関係のご夫妻

次は2年前にも来ましたよと
2年ぶりの再会で笑顔がすてきなべっぴんさん

三重県から旅行の途中で
立ち寄ってくださった方々

真壁でお世話になった
ギャラリーの素敵なご夫妻
等々

実行委員一同嬉しい限りです

募金も皆さまに快くご協力頂き
感謝の気持ちでいっぱいです


人形を見ながら一人の男性が

この人形達は何十年前の作品ですか?
と尋ねられた

えっ・・・???
答えが見つからない

何十年??

とんちんかんな答えを出したらどうしようと様子を見ていると

顔も着物もすべて古いようなので
とその男性は話してくれました

それで質問の意味が解りました

顔に張る布を染めたり着物に古布を使ったりして
古く見せかけているだけですよ

なるほど納得!
とニコニコ顔になりました









2017年3月6日(月)
チャリティー創作人形展 搬入

いつもしだれ梅が出迎えてくれる
偕楽園公園センター

今回もきれいな白梅が元気に花を
咲かせていました

午後1時搬入

彫塑台が届き各自の作品を並べる

能面の先生である石川さんがいち早く
作品のビデオを映して下さる

作品展の記録にもなりありがたいこと
感謝感謝です

お花も遊工房専属の花屋(かりん)さんにより
きれいに生けられました

明日いよいよ初日です

皆様のお越しを心よりお待ち申しております

第3回チャリティー創作人形展